世界遺産めぐり

久々のブログ更新のくせに、ネタはひと月以上も前の夏休みの帰省でのスケッチです。(^_^メ) 世界には870を超えるユネスコ世界遺産があると言いますが、そのうち日本にいくつあるのか知りませんけど この夏出かけたところが図らずもそうだったようで。 安芸の宮島・比叡山延暦寺、そして岩国の錦帯橋(こちらは只今申請中…
コメント:0

続きを読むread more

東国安芸路往還

ひと夏の去りゆくはやさの儚さよ 八月の目まぐるしき日々は、一日・一週間アレヨアレヨと過ぎ行きて気が付けばもう九月は指呼の先。 慌ただしき日々にかろうじて小閑を見出しここに八月の帰省のことども書き留めんと。 今年は恒例なりし息子との二人旅は叶わず、細君との同行二人。 数え上げれば何とも盛り沢山な往還の一週間。 往…
コメント:0

続きを読むread more

観音様  徐々に

いつ始めたか忘れてしまいましたが、早く仕上げる必要もつもりもないので、一彫りひとほり楽しみながら彫っています。 段々難しくなるのですが、今取り組んでいるのが、裾衣の襞。 周りの裾大体形ができたところです。 いかがでしょう? わりあい、よくできたと自己満足したりしています。 細君いわく、「ヘー、柔らかい布の感じでるのかしらと…
コメント:0

続きを読むread more

札幌ぶらり

ある連休、唐突に娘が住む札幌に出かけてみようと思い立ち、何の計画もなく行ってきました。 特別の知識も期待もなく、美味しいものが食べれそうで、いい温泉に浸かれそうと言う考えだけで。 生憎、北海道は天候不順で、東京は30度を超える日々にも拘らず、15度前後。雨模様で外出には不運な状況でしたが、こちらは喰い物と温泉が目当てですからさほ…
コメント:1

続きを読むread more

週末の時間は・・・

この週末は、久し振りの高尾山歩き。 細君の作ってくれたおにぎり三つ、鶏のから揚げ、そして私得意の卵焼きを弁当箱に詰めて、いざ! 山は最近のマスコミ宣伝のせいで超混雑。 人を掻き分け上り道に入ればその人混みもバラけて、いつも通り。 小一時間ゆっくり上ればもう頂上。標高600メートルは適当に汗かくのに最適。 1号路から上り…
コメント:0

続きを読むread more

六道輪廻

昨日覚園寺で案内してくれた寺の老人(何と呼ぶのでしょう?僧侶ではないし。)の1時間の案内と話は中々上手で面白かったので、少し書き留めて置きましょう。 毎回同じことを話しているのでしょうから、何度も聞くものではないと思いますが、初めて聞くものには面白い内容でした。 現在の我々の世代では、小さい頃からの習慣として仏教についての教育とか躾…
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉ぶらり散歩

何年振りだろう。 知人と話をしていたら鎌倉の話になり、「私は覚園寺(かくおんじ)が一番好きなんです。そこの仏堂にある薬師三尊の脇侍の十二神将、とりわけ私戌年なので、真達羅大将がいいんです。」と言うのです。 人の話に乗りやすいたちで、「イイ!」と言われたらすぐ自分の目で、と思い行動するたちなのです。 この週末は、天気が良かったら…
コメント:0

続きを読むread more

ぷーさんのダイエット作戦

4月12日に一念発起して、食生活改善の為2週間入院したのをきかっけに、私のダイエット作戦がスタートしました。 過去何度もトライしては、挫折やリバウンドを繰り返して来ましたが、今回は不退転の覚悟でスタートを切りました。 まずは2週間の入院は強制ですから問題ないとして、問題はその後です。 毎日の食事・不規則な外食・接待食と飲酒の誘い。…
コメント:0

続きを読むread more

田植えしました!

6月21日、「父の日」に夕刻北海道の娘から宅配便。 何やら重たい箱詰め。 細君は中身を知っているらしく、ニヤニヤ。『開けてみたら!?』 出てきたのは、「箱田んぼ」。 私はまだ、『何、それ?』と理解できず。 それは、ベランダで育てる稲。そう、曰く「箱田んぼ」なのでした。 早速、マニュアルに従って、「田植え」をしました。 …
コメント:0

続きを読むread more

初大連

三泊四日で大連に行ってきました。 別に『是非!』ではなかったのですが、行きがかり上止む無く・・・。 案の定、観光と言えるものはなく、せいぜい「旅順」の203高地。 と言っても、若い人には、『それ、何?』と言われるような場所ですが、1905年日露戦争の勝敗の転機となった 小高い丘が史跡として残されているもの。 中国領土内…
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウイーク雑記

世は16連休と、喜んでいいんだか、「大丈夫かいな、日本?!」と思っていいんだか分かりませんが、 私は、連休と言っても2日から6日、しかも5日会社に出たので普通の休みとさほど変わらず。 とは言いながら、ゴールデンウイークらしくちょこっとは出かけました。 新型インフルエンザも喧しいので、余り人ごみには行かずと言いながら、二・三…
コメント:0

続きを読むread more

入院して分かること

雨模様の東京タワーは、てっぺんが雨雲にかすんで灯台のようです。 入院も10日。 日中はほとんど横になる時間もなく、スケジュールをこなすのに追われ、お腹が空く暇もありません。 今夜の食事。 ホッケの塩焼き・きゅうりもみ・こんにゃく和え・リンゴ。 これが私の生命を維持するに過不足のない一食のカロリーなのです。 と…
コメント:1

続きを読むread more

病院滞在5日目

思っていたのとは違う病院生活も5日が過ぎようとしています。 その① 病院というのは四六時中うるさいところだということ。安静にしたかったら個室しかなさそう。 その② 変な人がいっぱいということ。ぶつぶつ言う人、うろうろしてる人。話しかけてくる人。(これは変な人では       なく、私が嫌なだけ。) その③ ヒマだと思ってたらなか…
コメント:0

続きを読むread more

まだ二日目やっちゅうのに

体がびっくりしとります。 「どないしたんですか、ダンナ?!今まで美味しいもんタラフク食って、酒も飲んではったのに。ここ三日、お浸しやあ、焼き魚やあ、卵とじやあ・・て。焼肉行きまひょいな。餃子は?寿司は・鉄板焼きは?」 と。 「我慢せいよ。これからずっとそうやからな、慣れなあかんでえ。」と説得しております。 私、マゾやない…
コメント:0

続きを読むread more

一日1500

東京タワーの今夜は、ライトアップが昨日と違います。 ということとは関係なく、入院2日目です。 本格的な食事療法の始まりです。 朝、トーストと卵とじ 昼、メバル一切れといり卵 夜、うな丼とお浸し 〆て1500キロカロリー。 自分の今までの摂取カロリーは間違いなく今日の2倍は越えていました。 体の蓄えも切れてきて…
コメント:0

続きを読むread more

2週間の病院生活始まりました

今までの不摂生な生活から決別すべく、本日入院しました。 過去怪我とか結石で数日病院に入ったことはありますが、2週間というのは初体験です。 行動は自由ですが、食生活を管理され、講習と運動の指導を受け、これからの生活を変えていく転機とするのが目的です。 実現できるかどうかは自身の意志だけです。 病院は、東京タワー…
コメント:2

続きを読むread more

仕事の醍醐味 (8)

日本では、3LDKのマンションが東京郊外ですら6千万円、深夜タクシー2万円平気と言った「バブル」の最中、 シンガポールでの仕事と生活にその悪影響はなかったように思います。 唯一今にして思えば、やたら周辺国に日本資本によるゴルフ場が開発されていたくらい。 私の係わっていた仕事の一端を紹介すると、 商社の基本的な金融機能のひとつとし…
コメント:0

続きを読むread more

私設「電車内迷惑禁止条例」

たとえば、足投げ出して座ってるとか、二人部分席取ってるとか、携帯で話してるとか、ウォークマンから音が漏れてるとか。 こんなのはいいんです、どうでも。 私が規制したいのはまず、 「電車内爆睡に伴うイビキ」 密やかならもちろん結構。しかし一車両に響き渡る不規則ないびき。これは規制すべきです。 この前となりのおっさんがそれ。私は…
コメント:0

続きを読むread more

仕事の醍醐味 (7)

人の運命なんて分からないものです。 「たら、れば、」を言っても意味がありません。 自分で生きる道を決めることもあれば、自分以外のもの・人が自分の生きる道を左右することもあり・・・。 1987年シンガポールに行かずメルボルンに行っていたら違う人生があった訳で・・・。 ともかく、シンガポール駐在となりました。 恥ずかしながら、…
コメント:0

続きを読むread more

仕事の醍醐味 (6)

1985年から2年間初めて東京で仕事をすることになりましたが、世はバブル前夜。 私が東京を去るまでその予兆すらありませんでした。 幸い、関西に持ち家があった為、関東での不動産価格に対しても関心はなく、もしかしたら既に高騰の気配はあったのかも知れませんが。 やっていた仕事は、貿易に係る法令解釈と運用。そして当局との許認可折衝が主…
コメント:0

続きを読むread more